埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

menu

埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

入れ歯が割れた時の修理

入れ歯が変形した時にしてはいけないこと

入れ歯 割れた 修理入れ歯をしていると、いろいろな悩みが出てきます。中には、入れ歯が割れたということで修理をしにいらっしゃる患者さんもいます。入れ歯が合わなくなると言うほかにも、割れてしまって使えなくなったという声も実はたくさんあります。もちろん、修理ができる入れ歯についてはきちんと修理をすれば今までと同じように使うことができますが、仮に修理ができなかった場合というのは新しく作り直さなくてはいけなくなってしまいます。

修理ができるかどうかは専門医の判断によるところですが、作り直すしかないと言われてしまったとき、入れ歯の種類は豊富になってきていますので、専門的な知識を持っている医師に相談をするのがベストです。くろさき歯科では、補綴を専門としている歯科医師がいるので、ひとりひとりに合った入れ歯をご提供することができます。天然の歯に見える差し歯や針金が見えない入れ歯など、最新の技術を取り入れた治療を行っています。各分野に精通した歯科医師がいますので、治療に合わせて異なる医師による治療を行っています。

入れ歯がなくては食べたり飲んだりすることが難しくなってしまう場合、少しくらい割れているものであればそのまま使用してしまっている方もいます。しかし、割れた入れ歯をそのまま使っていると、物を食べる際に噛みづらく食べにくくなるほかにも、使っている間に割れて口の中が切れてしまうという恐れもあります。小さな割れのうちであれば修理も簡単で短時間で済むことも多いですから、少し割れてしまった、ひびが入ってしまったということが分かった時点で、お持ちいただければと思います。

入れ歯 割れた 修理くろさき歯科では、噛み合わせはもちろんですが、身体の様々な部分を見てから入れ歯の作成を行っています。ですので、割れてしまった入れ歯を見たときに、修理ができたとしても作り直した方が健康に良いと判断すれば、作り直すことをご提案することもございます。ピッタリの入れ歯を使うことによって、全身の機能が改善されますから、自分に合った入れ歯をつけるということはとても大切です。かみ合わせが悪いと、肩こりが起こったり頭痛や腰痛、さらにはめまいを引き起こすと言われています。入れ歯が合わないということだけでも、かなりのストレスになってしまうものです。

入れ歯の悩みや困ったことなど何でも構いません、お気軽にご相談ください。なお、診療は予約制となっておりますので、ご来院される前に一度お電話にてご連絡をお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2024年7月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031