埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

menu

埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

ARCHIVEくろさき歯科

11

歯の健康を保つために大切な事

歯の健康は、毎日のお手入れの積み重ねによって維持することができます。そのためにできることはたくさんありますよね。 まず1つ目は、毎日きちんと歯磨きの習慣をつけるということではないでしょうか。歯磨きは毎日朝と夜の2回行いますが、磨き残しがな…

10

歯周病は20代から始まっています

若い世代の歯の悩みの一つに、歯周病があります。この病気は、放置すると健康な歯が抜け落ちてしまう事態になりかねない疾患なので、できるだけ日常生活の中で予防に努めたり、早期発見と早期治療が必要になりますね。そもそも歯周病が起こる原因には間違った…

09

虫歯より怖い?歯周病ってなに?

若い世代の歯の悩みには、虫歯の他に歯周病があります。歯周病は簡単に言うと歯茎の病気なのですが、虫歯が原因で歯周病が始まるというわけではなく、多くの場合には普段の歯磨き習慣などが原因で起こることが多いですね。この病気は、細菌の感染によって引き…

08

八重歯があることのデメリット

笑った時に八重歯が見えると可愛い、と言われたのは昭和の時代です。当院にも八重歯の悩みを抱える患者様がたくさんいらっしゃいます。現在では、八重歯を可愛いと認識する考え方そのものが薄くなっていますし、八重歯は悪い歯並びの代表ともいえるものなので…

07

20代~30代で入れ歯になる人に多い理由は

若い世代の歯の悩みにはいろいろなものがありますよね。その中でもなかなか他人には相談できない悩みの一つに、入れ歯に関する悩みがあります。永久歯が抜けてしまうとそこから新しい歯は生えてきません。また、歯を支えているのは土台となる歯茎なのですが、…

06

10代で入れ歯になる人に多い理由は

入れ歯というとシニア世代になってからというイメージはありませんか?しかし、10代でも入れ歯になってしまう人は存在します。もちろん、健康な歯や歯茎なら、この年代で入れ歯になってしまうことはありませんが、どんな理由で入れ歯になるのでしょうか?若…

11

医療費控除を有効に使うためのポイント

医療費控除を有効に使う 医療費控除とは年間10万円を超える医療費は控除される制度です。限度額は200万円ですよ。税金はその年の収入に対して税率をかけて算出されます。その時に子供がいれば扶養控除や生命保険などをかけていると一定の控除が受ける…

10

デンタルローンで作った入れ歯も控除の対象になる?

デンタルローンで作った歯は医療費控除になる 医療費控除の対象となる歯の治療とは、虫歯の治療など医師や歯科医師が行った治療やその治療にまつわる診療代、交通費もその医療費控除の申請ができますよ。またデンタルローンを使用するような高額な治療費が…

09

保険内治療のメリットとデメリット

保険内治療のメリット 保険内治療で一番のメリットは費用が安いということですね。また、医療費控除の対象になります。歯科の自由診療は、かなり高価になりますので、家計を圧迫してしまいますね。保険内歯科治療は材料や治療方法に制限はあるものの、気軽…

08

生涯医療費は歯の口の状態で決まる?

生涯医療費は歯の口の状態できまる。 大人と同様、子供の家庭状況はその子の歯をみれば、ある程度推測がつくといわれています。子供が虫歯にならないように寝る前に歯磨きをするように促す親というのは、他のことでも教育的なかかわりをもっていますね。ま…

さらに記事を表示する

カテゴリー

カレンダー

2024年5月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031