埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

menu

埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

保険内治療のメリットとデメリット

09

保険内治療のメリット

保険内治療で一番のメリットは費用が安いということですね。また、医療費控除の対象になります。歯科の自由診療は、かなり高価になりますので、家計を圧迫してしまいますね。保険内歯科治療は材料や治療方法に制限はあるものの、気軽に通い、歯が破損したりしたら、また、保険内の治療をすればよいのです。総入れ歯などは保険内治療もありますよ。床の部分はプラスチックなので食べ物の温度や食感がわかりにくいなどのデメリットはありますが、高齢者の口の状況は年々変化します。入れ歯も合わなくなるのです。頬の筋肉が弛緩し、今まで支えていた入れ歯が支えきれなくなります。また、歯茎が痩せてきてしまい入れ歯がふらついたりしますね。入れ歯はご自身の歯に合わせて調整しなければなりませんね。

くろさき歯科では新しく「無料入れ歯相談」を設けることにいたしました。診療の合間に行うので人数に制限がありますが、少しでも入れ歯で悩む方々の力になればと思い、ご相談を承ることにいたしました。くろさき歯科では入れ歯専門技工士、噛み合わせ専門技工士、入れ歯など補綴(ほてつ)の専門医が入れ歯装着にかかわります。その方の口にあった入れ歯を装着することで、食べ物がおいしく感じたりされますね。入れ歯がその方のよき人生のパートナーとなるように努力いたします。

保険内治療のデメリット

自由診療にくらべ見た審美性が低いです。セラミックを使用していますので、見た目も光沢があり綺麗ですね。また差し歯などの歯についても保険内治療の歯はプラスチックになるので、本来のご自身の歯と比べ若干色に差が出てきます。また、2-3年で色も変わってきますね。また、一部義歯は、ばねで他の歯にとめることになるので、ばねが見えてしまいます。

使用している材料が違うので、保険外の歯とは使用感が劣ります。保険内の総入れ歯は上顎にプラスチックを使用しますので、食物の温度などを感じにくいなどの使用感が劣るのです。自由診療の総入れ歯は上顎の部分は金属でできているので熱を伝えやすく、食物の温度が伝わってきやすい。また保険内歯科治療では診療回数などに制限があるので、納得いくまで、治療をし、入れ歯などを合わせるには限界があります。自由診療では高額な支払いをしていますので、納得いくまで、合わせてくれますよ。保険内治療は治療の方法にも限界がありますね。その点自由診療では新しい技術を導入、使用することができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2023年1月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031