埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

menu

埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

歯周病は20代から始まっています

10

若い世代の歯の悩みの一つに、歯周病があります。この病気は、放置すると健康な歯が抜け落ちてしまう事態になりかねない疾患なので、できるだけ日常生活の中で予防に努めたり、早期発見と早期治療が必要になりますね。そもそも歯周病が起こる原因には間違った歯磨き方法があります。私達が毎日朝と晩に歯磨きをする際に、歯周ポケットの中に貯まっている食べカスなどをブラッシングでしっかりと除去することが必要なのですが、間違った歯磨きをしていたりブラッシングが十分でないと、歯周ポケットに貯まった歯垢をきれいに取り除くことが出来ず、歯垢が残ってしまいますよね。

口の中にはたくさんの細菌が常駐していて、食べカスなどをエサとして生きています。これらの細菌が細胞分裂をしながら増殖すると、ベタベタした歯垢となります。歯の表面についているものならブラッシングである程度取ることはできても、歯周ポケットなどにたまったものは落ちにくい傾向があります。そのため、ブラッシングでしっかりと歯周ポケットの内側まで磨いた後には、マウスウォッシュなどを使ってブラシでは取り切れなかった部分についてもしっかりとお手入れしてあげることが、歯周病予防につながります。

歯周病を進行させる原因は、歯磨き習慣以外にもいくつかあります。例えばストレスやホルモンバランス、歯ぎしりや家族感染、喫煙などはよく見られる因子ですが、他の病気の治療のために服用している薬の副作用として、歯周病が起こりやすくなるということもあるので注意が必要ですね。

歯周病は、20代という若い年代でも起こる疾患です。年齢を重ねると起こりやすくなりますが、普段の歯磨き習慣によっては20代で歯周病を発症している人もたくさんいますよね。そんな歯周病は、放置しても自然治癒することはありません。放置するとどんどん進行してしまうため、歯科医院での治療が必要です。歯科医院での治療は、歯周ポケットの中にたまっている歯垢や歯石などをしっかりと除去するとともに歯肉の炎症を抑える治療を行います。一度の来院でひどい歯周病が完治できるということはなく、進行度合いによって何回の治療が必要なのか、どんな治療方法が適しているのかが異なります。比較的軽度の治療の場合には、ディープクリーニングといって、麻酔をした後に歯周ポケットの内側をしっかりとクリーニングするという治療を行いますが、この場合でも上あごを右・センター・左と3エリアに分け、下あごも同様に3エリアに分けるため、複数回の通院が必要です。当院では、歯周病の治療も数多く行っておりますので、是非お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2023年1月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031