埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

menu

埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

虫歯より怖い?歯周病ってなに?

09

若い世代の歯の悩みには、虫歯の他に歯周病があります。歯周病は簡単に言うと歯茎の病気なのですが、虫歯が原因で歯周病が始まるというわけではなく、多くの場合には普段の歯磨き習慣などが原因で起こることが多いですね。この病気は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患で、歯と歯肉の間に歯垢が貯まり、そこに細菌が繁殖して炎症を起こすというメカニズムで起こります。歯と歯茎の間の境目部分には、歯周ポケットと呼ばれる部分があり、そのポケットの部分に貯まっている汚れや食べカスを毎日の歯磨きですっきりきれいに除去してあげなければ、そこにどんどん細菌が貯まり、歯垢や歯石を作り、歯周病の原因となってしまうのです。

どんなに正しく歯磨きをしている人でも、磨き残しによる歯垢などが残ってしまいますし、それが蓄積すると歯石となります。自分自身でお手入れできない部分をしっかりとお手入れして歯周病を予防できる方法が、定期的な歯科検診というわけですね。歯科検診では、虫歯があるかどうかをチェックするだけでなく、歯垢や歯石を取り除いてくれたり、歯周病になっていないかを診断してもらうことができます。もしも歯周病の初期症状が起こっている場合には、速やかに治療を受けることによって、それ以上の進行を食い止めることができるのです。

歯周病の治療法は、歯周ポケットの中に詰まっている食べカスや歯垢などをスッキリ除去するという治療を行います。どこまで炎症が進んでいるかによって、治療にかかる期間などは異なりますが、ディープクリーニング程度で完治できる患者様もいれば、歯茎を切開して内側の治療が必要になる患者様もいらっしゃいます。放置すると炎症が内側まで進行してしまい、やがては歯が抜け落ちて入れ歯となってしまうリスクが高くなります。そうなる前に、治療を受けることが必要ですね。

歯周病は、普段の歯磨きを工夫することによって、ある程度は予防することができる疾患です。歯ブラシは毎日朝と夜の2回実行し、歯の表面だけではなくて歯周ポケットの中まで磨くように工夫すると良いでしょう。また、定期的な歯科検診をうけることもまた、歯周病予防につながりますね。JR浦和駅前にある当院では、歯科治療に加えて予防歯科の一環として歯磨き指導なども行っております。歯の磨き方に自信がない方や小さなお子様をお持ちの方などは、歯周病予防のためにもぜひお気軽に当院までご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2023年1月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031