オーダー入れ歯 原因と結果を知る
入れ歯の修理 入れ歯対策

入れ歯を何度も何度も作り直しをしている人へ
入れ歯は長い間付き合ってゆく体の一部です。
一生お付き合いができる入れ歯制作を。


入れ歯といっても幅広く部分入れ歯や保険の効く入れ歯など様々な入れ歯があります。その中でも、くろさき歯科で大切にしているのはホリスティックという考え方。ホリスティックとは全体を見て治すということ。

口の中の悪い部分だけを見てもその場限りの治療になってしまいます。悪くなるのは原因がありますのでその原因を治さずに悪い一部だけを修正しようとしてもその部分は直っても根本の治療ができない限り後からまた悪い部分が出てきます。

根本となる場所の特定を行いその部分ごと治療する必要があります。そして、口の中の歯が上下の噛み合わせで構成されているので問題は口の中だけに留まりません。

噛み合わせが悪いと骨のゆがみが起きてさらにそれが歯にも影響してきます。患者さんの体の中で色々な場所が共鳴してきますので口の中だけを見るだけでなく外側まで見ていく必要性があります。

歯を治すということは歯茎にも骨にも影響が出てきます。そういったことをバランスを実ながら作るのが入れ歯専門医としてのくろさき歯科の考えです。

オーダースーツのような付け心地の良い入れ歯の提供。

くろさき歯科で患者さんの入れ歯に関わるのは「入れ歯専門医」「入れ歯専門技工士」「噛み合わせ専門技工士」3人のプロフェッショナルが患者さんの入れ歯を担当します。それ以外にも治療の段階に応じて整体士・栄養管理士などが絡んで患者さんの体全体を見ていきます。

全体を見ることで違和感のない入れ歯を提供いたします。

意外に思われるかもしれませんが、入れ歯は全身の健康と関わります。

最近では、噛み合わせの状態が悪いと、頭痛、肩こりはもちろん、平衡感覚障害や糖尿病など、生活習慣病や、神経の異常との関係も指摘され始めています。

安全で長持ち。しかも、かむ機能を最大限に長持ちさせるために、当院の入れ歯作りは、【安心入れ歯システム】と呼ばれる3つ取り組みを行っております。「かめる」はもちろん、「全身機能」をも向上させるような入れ歯作りで、多くの笑顔を取り戻してきました。


専門的な入れ歯は部分での取替えも効きます。使っていれば年齢により歯茎も痩せたりしますが裏打ちをしなおしオーダースーツのように付け心地を調整できるものです。入れ歯に不安がある方は一度お試し下さい。


治療の流れ


メディア掲載情報

週間ダイヤモンド 2013年6月15日号に掲載されました。
院長がインタビューに答えています。

専門記者による独自データ 良い歯科医を選ぶための最強ガイド新歯科の実力に掲載されました。
[読売新聞医療情報部]

Q&Aでわかる「いい歯医者」2011に掲載されました。
[週間朝日MOOK]

入れ歯名人に掲載されました。

信頼できる歯医者さん2000人に掲載されました。

はつらつ元気2009年8月号に掲載されました。
詳しくはこちら→



インフォメーション

小冊子プレゼント
くろさき歯科スタッフブログ
歯科医が行うガミースマイル治療
アクセス・診療時間
携帯サイト