埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

menu

埼玉県さいたま市入れ歯専門歯科医院|くろさき歯科

入れ歯の手入れ方法

入れ歯は虫歯にはなりませんが、もちろんきちんとお手入れする必要があります。
入れ歯のお手入れ方法については、ご自分の歯と同様にキレイにブラシで洗うのが基本となります。

まず、お食事が終わった後は、入れ歯を外してしっかり水で流しましょう。
表面についている食べカスや汚れなどを洗い流すのが大事です。
全体的に流し終わったら、通常の歯ブラシか入れ歯専用の歯ブラシで磨きながら水洗いしましょう。

入れ歯専用の歯ブラシにもいろいろありますが、だいたいは細かいブラシと幅広のブラシなど形状の違うブラシが柄についているものが多いようです。
入れ歯は形状が複雑になっている場合も多いので、細かい部分まで良く洗えるように工夫されているわけですね。
落とさないように片手でしっかり入れ歯を掴んで、水で磨いて下さい。

入れ歯を磨くときには、基本的に歯磨き粉は使わないで水だけで磨いて下さい。
研磨剤が入っていると入れ歯にとても小さなキズが付いてしまうからです。
入れ歯専用の歯磨き粉も販売されているようですが、水でも汚れは落とせます。
どうしてもヌルヌルして滑るので、取り落とさないように水を張った洗面器などを流しに置いて、その上で洗うと安心です。
入れ歯はデリケートなので、固いものにぶつけると割れて破損してしまいます。

1週間に2回か3回入れ歯洗浄剤を使ってお手入れして下さい。
汚れを浮かしてくれるので、細かい部分もキレイにしやすくなります。
ただし、洗浄液は汚れを浮かせるだけですから、ブラシで磨く行為は必ず必要です。
毎日浸けておくだけで良ければ楽なのですが、ちゃんと磨いて下さいね。
また、入れ歯洗浄剤の成分が残ったまま口の中に入れるのは良くありませんから、洗浄液から出した後も水でしっかり磨いて下さい。

お手入れのポイントは、義歯床にあるくぼみの部分や、入れ歯の歯と歯の間などです。
これは私たちの自前の歯でも同じですね。
特に部分入れ歯の場合は金具部分に食べカスが付くので、しっかり磨きましょう。
磨き残しやすいのは入れ歯のフチの部分なので、端まできちんと磨きましょう。
落ちにくい汚れがある場合には、歯科医院に行って洗浄してもらって下さい。

そして一番大事なのは入れ歯だけでなく、自分の口の中もしっかり洗うことです。
残った歯がある場合はもちろんのこと、総入れ歯の方でも歯茎の健康が大事です。
柔らかい歯ブラシで歯茎もちゃんと磨いて下さい。
口の中がスッキリすると、気分までスッキリしますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2024年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930